BTOパソコンのパーツの相性は心配ない?

パソコンを構成するパーツは、マザーボード、CPU、ハードディスク、電源ユニット、メモリーが中心になります。サウンド機能や映像出力がオンボードで無い場合は拡張スロットに追加することになります。これらが起動に必要な最低限の構成で、マザーボードと電源にはいくつかの規格が存在します。基本的にその規格に基づいた部品構成なら理論上は稼働するはずなのですが、稀にパーツ同士の相性問題が発生することがあります。特に多いのがメモリーに関するトラブルで「OSで認識されない」とか「エラーが多発する」という問題が度々報告されています。BTOパソコンの多くは基本システムからパーツをカスタマイズしていくので、このような相性問題はチェック済みです。ですから、相性問題を心配する人はBTOショップ推奨メモリーを使用する事をお勧めします。

BTOパソコン比較!2chの評判は?【安いおすすめランキング】